トレチノインが肌に合ってるかを判断するには

パッチテストを薦める医師

トレチノインは強力なビタミンA誘導体で、表皮の細胞を活発化させて急速に肌を生まれ変わらせることで、シミや小ジワ、ニキビの治療に用いられる薬です。コラーゲン生成を促す効果もあり、肌に潤いをもたせて美肌効果も期待できることから、魔法の若返り薬とも呼ばれ、美容目的でも使用されています。このようにトレチノインの効果は絶大な反面、デメリットも存在し、急激な肌のターンオーバーによって肌荒れを起こすこともあります。刺激が強いため敏感肌などの肌が弱い人が使用すると、炎症やヒリヒリとした痛みを伴うことも多く、使用はなるべく控えるほうが良いとされています。どうしても使用したい場合は、肌に合うかパッチテストを行ってから、肌への負担を確認して問題がなければ使用するようにします。パッチテストを行う際は、生理中もしくは妊娠中ではない体が正常な時に、吹き出物や肌荒れがない箇所を選んで少量のトレチノインを塗ります。基本的には二の腕の内側を選んで塗り、約2日間を通してアレルギー反応や激しい痛みや痒みがないかを確認します。水で流れると意味がないため、お風呂に入る時も塗布した箇所にテーピングなどをして、流してしまわないように注意する必要があります。個人差はありますが、肌が赤くなったり、角質が落ちたり皮が剥けるといった症状は、肌を生まれ変わらせるトレチノインの薬効作用のため正常な反応です。パッチテストでも多少は肌のひりつきが起こるため、刺激があるから肌に合わないと判断しないように気をつけます。肌への刺激が強い場合は、トレチノインの濃度を下げて行うといいです。最初のパッチテストでも高い濃度で試さず、0.05%などの低濃度から始めることをおすすめします。パッチテストは2日ほどで十分ですが、トレチノインは劇薬のため、できれば1週間ほどは経過観察を入れたほうがいいでしょう。