トレチノインであかぎれが起こる原因

一般に市販されている化粧品も、お肌の奥までうるおします、などという宣伝文句はよくありますが、よく見てみると注意書きとして角質層まで、などと小さな文字で注釈がしてあります。
ほんとうにお肌の深いところは基底層とよばれていてここまで効果が届くような成分は残念ながら市販されている化粧品では見つけることができません。
大量の意パン消費者に向けて販売されるようなスキンケア化粧品だと安全性を重視しなければなりませんから基底層まで届くような刺激の高い成分が使われていないためです。
それでもたとえばアルブチンやエラグ酸のように美白効果が高い成分も登場していて、メラニンを作らせる酵素を阻害してシミをしっかりと防ぐ作用が確認されています。
しかしトレチノインはそれよりも100倍ほども効果が高いというので、いかに強い成分かがわかり副作用にも十分注意する必要があると理解できるでしょう。ただ市販されているくらいの低い美白成分の濃度ではシミが薄くならない人もいて、そういったひとはトレチノインなどの強い薬でないとシミを除去できません。
トレチノインをぬると、角質を剥がす効果が高いのでどんどん皮膚がめくれあがってきます。
行ってみればかなり乾燥した状態のような感じで中にはヒリヒリ感じるひともいるくらいですが、これはトレチノインの効き方の特徴ともいえるのでこれを耐えなければシミもなおりません。ただ、あまりに乾燥がひどいとそれがあかぎれとなって割れてしまうこともあるため、多くのクリニックでは高濃度の化粧水での保湿も同時に行うよう推奨されています。
あかぎれがひどいのは副作用としては重いほうなので、医師に相談していったんトレチノインを中止するのもありかもしれません。