トレチノインで皮膚障害が起こる可能性は?

トレチノインの配合されたクリームは、効果が高いので誰もが飛びつきたくなるスキンケアですが、一方で皮膚障害が出てしまうのでは、といった成分の刺激の強さについての不安も多いです。
トレチノインを使うと、皮膚炎となってしまうのは当たり前で、かんたんに言えば自力で起こらない皮膚の新陳代謝を軽い皮膚炎を起こすことによって強制的に新陳代謝を活発化させようというのがトレチノインが配合されたクリームのメカニズムだからです。
ですので、誰しもトレチノインのクリームを使いだしたら多かれ少なかれ皮膚の炎症が起こり、皮膚がぽろぽろとめくれてきます。ただクリームを塗るだけでまっさらなきれいなお肌になれると勘違いされているとびっくりしてしまうかもしれませんが、これは正常なお肌の反応ともいえるのでそのままにしておいてもかまいません。
ただ、やはり敏感肌の人だと、トレチノインの効果をこえて皮膚炎がひどくなってしまうこともあるので、いつまでもなおらない皮膚の炎症が気になるときには、いちど皮膚科医を受診してみるのがおすすめです。
クリニックに行くほどでもないと思ったら、とりあえず今使用しているトレチノインの配合されているクリームの使用をいったんやめてみて、どれくらい皮膚炎がおさまるのかを確認してみましょう。もしも収まればトレチノインの正常な反応の範囲だとわかりますし、なかなか回復しないのであればやはり皮膚科医に相談して、その皮膚炎の治療をはじめなくてはなりません。
また、トレチノインの配合されているクリームにもいろいろあり、濃度の薄いものから濃いものまであります。
もしも濃いものを使えば皮膚炎の発生リスクも高まるので濃度を薄めてみるとよいです。